40代の妻が喜ぶ誕生日プレゼント

40代の妻に贈って喜ばれる誕生日プレゼントのチョイスは難しいと思われがちですが、実はポイントさえ突いておけば割と簡単な年代でもあります。


40代の妻が喜ぶ誕生日プレゼントは「ほどほど感」にあり

奥様が40代ということは、もしお子さんがいらっしゃるご家庭の場合なら中学生以上のお子さんがいらっしゃるでしょう。
いらっしゃらない場合ならマンションや一軒家の購入などのお話が出てきたり、もしくはすでにローンの支払いが始まっていたりなどなど…。
とにかくどんなご家庭でも何十万・何百万という出費を近い将来に見据えないといけない年代だと思います。
だから、あまりに高級なものを誕生日プレゼントで貰うと「何考えてんの?!ウチの経済状況分かってるの?」と、一家の大黒柱としての素質を疑われかねないという危険性もはらんでいます。
9550c0ed7d57429c0438547cb50dd5f5_s

かといって全く祝われないのも寂しいし、適当にその辺で買ってきたって分かる花束ではちょっと不満。
そんな複雑な女性心を満たすラインがこちら。

07011854_53b2856b44c40

プリザーブドフラワーの中でも特に大人の女性にピッタリなデザインで、真紅の薔薇が醸し出すエレガントさが奥様の心に「満足感」を届けてくれるはずです。
しかもブランド物のバッグやアクセサリーなどと違って、見た瞬間に値段が分かるようなものでもありません。
ので、金銭管理のしっかりした奥様の場合でも安心ですね。


さらにワンポイントプラスするなら

「ウチの妻、花なんかで喜ぶかなぁ?そんな柄じゃない気がするけど」という場合には、メッセージカードを添えてみると良いですね。
504b4d10850d2cb1db479bb643ca1703_s
しかも、ちょっと気恥ずかしくなってしまうぐらいの言葉を添えていると尚良いです。
「駅前にある花屋で適当に買ってきたわけではない、前々から頼んでおいてくれたんだ」と伝わりますし、「きっと気恥ずかしかっただろうなぁ。それでもこんなメッセージを考えてくれたんだ」ということも伝わります。
その「行動」自体が誕生日プレゼントだときっと理解してくれるはずです。
どんな品をくれたかということより、その気持ちが嬉しい。
そう思わせることが出来ればこっちの勝ちです!
そのためにも是非40代の妻の心に響くメッセージを、頑張って考えてみてください。
「お誕生日おめでとう。これからもよろしく」だけでは年賀状とほぼ一緒です。
そこにさらに何か、長くなくてもいいので、一行加えてみてください。
「いつも美味い飯をありがとう。おかげで家に帰るのが楽しみです」とか、それぐらいでいいのです!
下手にドラマティックな言葉より、日常の何かに感謝している方がベターですね。
「いつもシャツにアイロンがかかっていて、気持ちよく仕事できています」など。


次のページ⇒⇒50代の妻の誕生日プレゼント